記事詳細

『笑点』大喜利の安倍政権ネタでバトル勃発 石平氏「社民党のような偏った政治批判」 ラサール石井「権力批判は庶民のエネルギー」

 日本テレビ系バラエティー番組「笑点」(5月27日放送)の大喜利をめぐり、ネット上で論争が勃発している。火種は、落語家が安倍晋三政権を当てこすったネタだ。「単なる悪口」「不愉快」などと否定的な見方が相次ぐ一方、「権力批判は当たり前」といった反論もみられる。

 引き金となったのは、「騒音」をお題に、耳をふさいだ落語家が、司会の春風亭昇太との掛け合いを通じ、「珠玉の一言」を繰り出す企画だ。

 三遊亭円楽が「安倍晋三です。トランプ氏から『国民の声は聞かなくていい』と言われました」と茶化せば、林家木久扇は「沖縄から米軍基地がなくなるのは、いつなんだろうねぇ」と、苦い表情で嘆いてみせた。

 これをみた評論家の石平氏は、自身のツイッターで「社民党の吐いたセリフのような偏った政治批判」「大好きな笑点だが、そこまで堕ちたのか」と批判した。

 これに対し、お笑いタレントで演出家のラサール石井はツイッターで、石平氏に「時の権力や世相を批判し笑いにするのは庶民のエネルギーだ」「政治批判は人間としての堕落だと言いたいのか」と反論した。

 今もネット上では、賛否両論が拡散しているが、「コメディアンが現政権を笑いのネタにできるのは、その国の民主主義が成熟している証拠」との指摘もある。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース