記事詳細

【親も知らない今どき入試】就活中の学生が選ぶ人気企業ランク 商社人気、メガバンクは低迷 (1/2ページ)

 就活もいよいよ大詰め。そこで、今週は就職活動中の学生が選ぶ人気企業ランクを紹介したい。

 今年の就活も売り手市場が続き、企業の採用は活発だ。6月1日から、来春卒業予定の大学生を対象にした企業の選考が始まった。もう内定が出ている学生もいるようだ。その就活中の大学生の人気企業がまとまった。

 調査したのは、企業の人材採用支援を行っているワークス・ジャパンだ。1~4月に2019年卒業見込みの大学生と修了見込みの大学院生約10万人に、ウェブとセミナー会場でアンケートを実施した。1万4403人から回答を得た。主に文系学生への調査結果だ。

 同社の清水信一郎社長は「大学生は就活の時に、あこがれ期→興味・関心期→入社志望期の順に企業を絞っていきます。このそれぞれの時期の学生が、人気企業を選んでいたのですが、今年は各社のインターンシップの早期化、企業認知アップの広報などで絞り込みが早く、アンケート時には入社志望を固めた学生が多く、ランキングには、例年より学生がより現実的に入社を考えている企業が増え、あこがれの企業が減りました」という。

 トップは4年連続で損害保険ジャパン日本興亜だった。今でこそ各社が取り組むOB・OGとの懇談、インターンシップを早くから始めてきた成果だという。大学別の採用も幅広く、学歴フィルターがなくオープンな採用が人気だ。

zakzakの最新情報を受け取ろう