記事詳細

元麻薬Gメンが検証「ビールに覚醒剤混入説」 複数回に分けて飲ませた? 「紀州のドン・ファン」怪死 (1/2ページ)

 「紀州のドン・ファン」こと、和歌山県田辺市の資産家、野崎幸助さん(77)の怪死をめぐって、県警は、野崎さんの会社や自宅からビールの空き瓶約2000本を押収した。急性覚醒剤中毒で死亡した野崎さんだが、覚醒剤はビールに混入していたのか。元麻薬Gメンが検証した。

 野崎さんは5月24日午後6時ごろ、自宅1階で晩酌し、瓶ビールを飲んだ。その後、2階に上がり、午後10時ごろ、部屋で倒れているのを妻(22)が発見したという。

 遺体の胃や肝臓などから覚醒剤の成分が検出されたが、胃の中はほぼ空だったことが判明しており、県警は覚醒剤が食べ物に混入していた可能性は低いとみている。

 元近畿厚生局麻薬取締部捜査第1課長の高濱良次氏は「ビールにはホップの苦味があるので、覚醒剤が混入すれば苦味は多少増幅するというのが一般的だ。一方で、苦味はそれほど増さないという実験もあるようだ」と解説する。

 ただ、「致死量を摂取すると30分程度で症状が出始める」(高濱氏)というが、2階から物音がしたのは午後9時ごろだったとの証言もある。

 野崎さんは、亡くなる4日前に脂汗や目に異常が出るなど覚醒剤中毒に似た症状が出ていたとも報じられた。このため、高濱氏は必ずしも1回で致死量を摂取したとも言い切れないと指摘する。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース