記事詳細

福島第2原発が廃炉へ 「あいまいでは復興の足かせになる」

 東京電力ホールディングスの小早川智明社長は14日、福島県庁を訪れ、内堀雅雄知事に、福島第2原発全4基を廃炉とする方向で検討すると伝えた。「このままあいまいでは復興の足かせになる」と理由を説明した。東電が第2原発の廃炉について方針を示すのは初めて。

 小早川社長は福島第1原発事故による根強い風評被害や住民の帰還が進まない状況も踏まえ、第2原発を廃炉とすることで「第1原発の廃炉とトータルで地元の安心に沿うべきだ」と語った。 内堀氏は「廃炉は福島県民の強い思い。全基廃炉とするよう改めて要請する」と話した。

 小早川社長は会談後、記者団に「廃炉の具体的なスケジュールはこれから考える」と述べ、工程などは明言しなかった。

zakzakの最新情報を受け取ろう