記事詳細

高齢者暴走事故、操作ミスが31% 2018年版「交通安全白書」

 政府は15日の閣議で、2018年版「交通安全白書」を決定した。17年に発生した死亡事故で、75歳以上の高齢ドライバーが起こした418件のうち、ブレーキとアクセルの踏み間違いといった操作ミスが原因だったのは31%を占め、75歳未満の事故原因に比べて約2倍に上った。自動運転や自動ブレーキなどの先進技術が「事故の減少に大きく貢献する可能性がある」とも指摘した。

 75歳以上のドライバーの事故原因は、操作ミスに続き、安全不確認24%、考え事をするなどの漫然運転15%の順に多かった。75歳未満の2829件では操作ミスは16%だった。

 交通事故の死者数は3694人で、統計が残る1948年以降で最少。65歳以上の高齢者は2020人と55%を占めた。

zakzakの最新情報を受け取ろう