記事詳細

トランプ氏が対中制裁へ協議 追加関税、財務長官は反対

 トランプ米大統領は14日、知的財産権の侵害を理由に、幅広い中国製品に25%の追加関税を課す制裁の発動に向け、ホワイトハウスで政権高官と協議した。15日にも発動を発表する可能性があるが、ロイター通信によると、通商政策に深く関与するムニューシン財務長官は反対している。

 中国は米国から輸入する大豆や自動車などに25%の追加関税を課す報復に打って出る構え。米中が貿易戦争に突入する恐れが再び高まっている。

 米国の追加関税は、ハイテク分野の製品を中心に、最大で中国からの年間輸入額の約1割に当たる500億ドル(約5兆5000億円)相当が対象となる。米中は貿易戦争の回避を目指し、5月から閣僚級協議を開始した。(共同)

zakzakの最新情報を受け取ろう