記事詳細

静岡・女性監禁遺棄 「金を稼げる話がある」 闇サイト利用、金銭目的で集結か

 インターネットの闇サイトで知り合い、ターゲットを襲う-。静岡の女性監禁遺棄事件はネットを悪用した凶悪犯罪の様相を呈している。静岡県藤枝市の山中で浜松市浜北区の看護師、内山茉由子(まゆこ)さん(29)の遺体が見つかった事件で、逮捕監禁容疑で逮捕された2人の男が「別の男に連れ去りを指示された」と供述。浜松東署捜査本部は他に事件を主導した人物がいるとみて捜査している。

 捜査関係者によると、2人はネットの闇サイトの金もうけを目的に人を募る書き込みをきっかけに集まっていた。書き込みは「金を稼げる話がある」という趣旨で賛同者を募るような内容で、2人はともに「事件当日に初めて互いに会った。(連れ去りに対する)報酬は受け取っていない」と話している。

 捜査本部は14日、2人はいずれも無職の鈴木充容疑者(42)=名古屋市天白区=と、住所不定の伊藤基樹容疑者(28)と発表。これまで他に関与した人物がいるとして2人を逮捕したこと自体、公表していなかった。鈴木容疑者は11日、愛知県警中川署に出頭、伊藤容疑者は8日に逮捕された。

 内山さんは5月26日夕、浜松市中区のフィットネスクラブの駐車場で、自分の車に乗ろうとした際、両容疑者が無理やり乗り込み、車ごと連れ去られる様子が駐車場の防犯カメラに写っていた。付近にある別の防犯カメラは、両容疑者とは別の男をとらえており、事件には少なくとも3人が関わっていたとみられる。

zakzakの最新情報を受け取ろう