記事詳細

小泉進次郎氏、福島第2原発廃炉に「遅い決断、怒り湧いてきた」

 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は15日、東京電力の小早川智明社長が福島第2原発全4基を廃炉の方向で検討すると表明したことについて「やっとその日が来たかという思いと同時に怒りが湧いてきた。決断の遅さが原因で、どれだけ福島の復興が遅れたか」と述べた。国会内で記者団の質問に答えた。小泉氏は内閣府・復興政務官として廃炉を主張した経緯がある。

 東電に対し「決断した以上、廃炉のスケジュールを明確にして走ってもらいたい」と指摘。原発再稼働の是非をめぐり「世界を見ても、どうやったら残せるかではなく、どうやったらなくせるかを考える時代だ。そのために頑張る」と強調した。

zakzakの最新情報を受け取ろう