記事詳細

祖父・康弘元首相の血が騒ぐ… 自民・中曽根康隆議員が“改憲への決意”激白 伯父・前川喜平氏に苦言も (1/2ページ)

 東アジアの安全保障環境が激変するなか、日本が「独立と平和」を維持するうえで不可欠なのが、憲法改正だ。中曽根康弘元首相を祖父に持ち、昨年の衆院選で初当選した自民党の中曽根康隆衆院議員(36)が、改憲への決意を激白した。同年代の小泉進次郎筆頭副幹事長(37、当選4回)や、伯父の前川喜平前文科事務次官についても語った。

 「平和憲法が、平和を保証してくれているわけではない。戦後70年以上が経過し、時代に合わない規定は変えるべきだ」

 憲法を「日本人としての最も大事な背骨」と表現する康隆氏は、憲法9条を念頭に、こう訴えた。自民党1期生の有望株だ。

 憲法改正は、中曽根元首相の悲願でもある。100歳となった5月27日には「与野党を問わず、国民世論の喚起と共(とも)に真に国民参加となる憲法の実現」を目指すことに期待するコメントを出した。

 だが、中曽根元首相の「与野党を問わず」の思いと裏腹に、立憲民主党などの左派野党は「モリカケ問題」に執着し、国会の憲法審査会の議論は、停滞を余儀なくされている。

 康隆氏は「日本を憂う危機感は、祖父と私に共通する。なぜ今、改正が必要なのかについて、国民の理解を得られるよう説明する責任が、われわれにある」と強調した。

 ただ、一族の中で、毛色の違う人物がいる。康隆氏の父、中曽根弘文元外相の義兄にあたる前川氏だ。共産党系の「日本民主青年同盟」埼玉県委員会が5月に開いた会合で、「国民がつくり、国が守るべき憲法を変えようという自民党は、あり得ない」と述べ、反対姿勢を鮮明にしたのだ。

関連ニュース