記事詳細

小泉進次郎氏ら自民若手、国会改革提言の本気度 特別調査委が「ワイドショー政治」に?

 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長ら、党内の若手議員による勉強会「2020年以降の経済社会構想会議」は27日、行政スキャンダルの質疑に特化した特別調査委員会の創設などを盛り込んだ国会改革の提言をまとめ、二階俊博幹事長に提出した。

 「今の国会は、スキャンダルが起きると野党の審議拒否で法案の渋滞が発生する。特別調査委を設置すれば車線が増える。時間も税金も国会議員も無駄遣いさせない」

 進次郎氏は記者会見で、こう語った。国会改革を推進するため、超党派の議員会議を28日に設立する方針だ。

 提言では、学校法人「森友学園」問題のような行政スキャンダルの質疑は特別調査委で行い、他の委員会では一般の法案審議を優先するよう提案した。党首討論は2週間に1度、テレビの視聴率が高い夜間に行う代わりに、首相や閣僚の国会出席日数の低減に努めるよう求めている。

 改革の意欲は買うが、特別調査委が「ワイドショー政治」の舞台になるだけではないのか。