記事詳細

本丸は旧民主の大物か、細野氏の5000万円「裏金疑惑」 希望・若狭勝氏「個人的な借り入れは反対だ」 (1/2ページ)

 細野豪志元環境相(46)=衆院静岡5区、無所属=の「裏金疑惑」がくすぶっている。都内の証券会社が、親会社の自然エネルギー開発会社から得た増資資金の一部を提供した疑いがあり、証券取引等監視委員会(SESC)などが調査を続けているのだ。永田町で流れる「旧民主党政権幹部が本丸では」との衝撃情報。「モナ男」の政治生命は大丈夫なのか。夕刊フジでは元同僚らを直撃した。

 「(昨年10月の)選挙後に(所属していた)希望の党の運営に使う可能性に備えて、個人の判断で借りた」「自分も(同党の)他の候補者も選挙資金には使っていない」

 細野氏は28日、国会内で記者団にこう答えた。たった8分間の対応だった。

 公職選挙法では、選挙資金だった場合、借入金でも選挙運動費用収支報告書への記載義務がある。細野氏側は「個人的な借入金」と説明しており、今年4月になって資産報告書を訂正し、借入金として5000万円を記載、同月9日に全額返金したという。つまり、違法性を否定している。

 ただ、証券会社が5000万円を貸したのは、昨年10月の衆院選投開票の3日前。直前に、親会社の自然エネルギー開発会社から約2億5000万円の増資資金を得ており、その一部が細野氏へ渡ったとみられている。細野氏は当初、利子の一部も払っていなかった。

 この開発会社は、投資募集会社に依頼し、バイオマス発電や太陽光発電の事業目的で資金集めをしていた。SESCでは、開発会社が別の目的に使った疑いがあるとみて、資金の流れや使途の解明を進めている。

関連ニュース