記事詳細

【長谷川幸洋「ニュースの核心」】「麻生氏の正論」叩く偏向新聞 「さっさと辞めろ」と息巻くばかりでは… (1/2ページ)

 自民党の麻生太郎副総理兼財務相が6月24日、講演で昨年秋の衆院選について、30代前半までの若い人たちに自民党の得票率が高かった、と指摘した。そのうえで、「(彼らは)一番新聞を読まない世代だ。読まない人は全部、自民党支持」と述べた。

 ここで終わらないのが、麻生氏である。

 「新聞(の購読者増)に協力なんかしない方がいいよ。新聞販売店の人には悪いけど、つくづくそう思った」と言ってのけた。余計な一言と感じる人もいるだろうが、私はここに膝を打った。全部の新聞がそうとは言わないが、一部のサヨク偏向新聞はヒドくないか。

 デタラメ慰安婦報道で懲りたかと思ったら、「モリカケ」報道で相変わらず、ありもしない安倍晋三首相の犯罪という「印象疑惑報道」を繰り返している。

 その手の新聞は政治に限らず、最近、本当にまともな記事が少ない。まったく薄味で大ざっぱなのだ。「モリカケ」にエネルギーを全部、吸い取られてしまったようだ。

 それはともかく、麻生氏の指摘は当たっている。たとえば、朝日新聞の世論調査をみても、自民党を支持しているのは若い人たちである。

 6月の調査(18日報道)では、自民党支持は全体の34%だった。支持が多かったのは70歳以上の41%で、次が18~29歳の37%、30~39歳の33%である。40~69歳は30%程度にすぎない。

 安倍政権の支持率は38%だった。ところが、年齢別にみると、30~39歳が47%と高く、次は18~29歳の45%である。

関連ニュース