記事詳細

細野氏“裏金”疑惑に「前代未聞の失態」の声 政治評論家・筆坂氏「ワケありだから説明できないのでは?」 (1/2ページ)

 細野豪志元環境相(46)=衆院静岡5区、無所属=の「裏金疑惑」が、さらに深刻度を増している。都内の証券会社から5000万円もの大金を受領した際、借用書を作らなかったとの報道について、細野氏自身が説明できないでいるのだ。長年、「政治とカネ」の問題を追及してきた元共産党政策委員長で、政治評論家の筆坂秀世氏が疑問点に迫った。

 「借用書なしで5000万円を提供することなど、常識では、あり得ない。資金の出所もよく分からず、裏金の疑いが濃厚だ。国会議員の中では、前代未聞の失態ではないか」

 筆坂氏は、夕刊フジの取材に、こう指摘した。

 「借用書なし」のニュースは、朝日新聞が1日朝刊で報じた。

 証券会社は、細野氏側の依頼を受け、衆院選投開票3日前の昨年10月19日に5000万円を提供したが、細野氏側から借り入れの申込書はなく、資金提供時に借用書の取り交わしもなかったという。申込書と借用書は、同年12月ごろになって、証券会社側が作成したとされる。

 5000万円は、証券会社が、親会社の自然エネルギー開発会社から得た増資資金の一部と指摘されている。この開発会社は、太陽光発電などの事業資金を調達する際、投資募集会社を通じ、投資家に虚偽の説明をしていた疑いがあり、証券取引等監視委員会(SESC)が調査している。