記事詳細

マレーシアのクールジャパンお寒い実態、総投資600億円の無駄 (1/5ページ)

 バカンス気分が一転。南国マレーシアにて、クールジャパンの寒すぎる実態を目撃することになるとは、文筆家・古谷経衡氏も思ってもいなかったという。第二次安倍政権の成長戦略の欺瞞を、クアラルンプールの“官製”百貨店から、古谷氏が現場報告する。

 * * *

 私が赤道直下のマレーシアにバカンスで降り立ったのは、ちょうど92歳のマハティールが同国首相に返り咲いた2018年5月の末であった。同国首都クアラルンプールは都市圏人口を含めると700万人の大都会である。

 この一等地、ちょうどツインタワーを見上げるブキッ・ビンタンの交差点に、第二次安倍政権が国策として進めるクールジャパン戦略の最重要拠点の一つ、地下1階地上4階、総売り場面積1万1000平方メートルの「ISETAN The Japan Store」が存在することは、事前に知っていた。

 クールジャパンの前衛である、実質的な国策ファンドであるクールジャパン機構(以下機構)は、このJapan Storeに9億7000万円の投資を行って2016年に堂々開業していた。

 官が入ると商売は失敗する、というのは士族の商法以来の我が国のお家芸とも言えるが、可も無く不可も無くやっていると思い、今回の視察は1時間で切り上げる予定でいた。ところが、そこで見たのは10億円の血税を投入した一等地の日本百貨店の、余りにもむごたらしい悲惨な現実であった。

 生鮮食品売り場には客は居らず、山梨県産のぶどうが2房2万円、桃が5個で1万円、いちご(大)1パック2000円。日本で300円未満で買える缶詰類やドレッシングが1000円~という法外な値段で客は誰も入っていない。

NEWSポストセブン

関連ニュース