記事詳細

子供の「東京医大合格」見返りに…文科省局長、受託収賄容疑で逮捕 「将来の文科次官候補」と目されていたが

 東京医科大(東京都新宿区)を文部科学省の私立大支援事業の対象校に選定するよう便宜を図る謝礼として、自分の子どもを医科大に合格させてもらったとして、東京地検特捜部は4日、受託収賄の疑いで、同省前官房長の科学技術・学術政策局長佐野太容疑者(58)=東京都港区=を逮捕した。

 受託収賄ほう助の疑いで会社役員谷口浩司容疑者(47)=港区=も逮捕。贈賄側の東京医科大関係者は在宅で捜査する。現金の授受はなかったが、合格者の地位を与えたことが賄賂に当たると判断した。

 林芳正文科相は報道陣の取材に「職員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、当局の捜査に全面協力する」と述べた。

 佐野容疑者の逮捕容疑は、官房長だった2017年5月、東京医科大の関係者から支援事業の対象校に選んでほしいと依頼を受け、謝礼として今年2月に実施された入学試験で子どもの点数を加算させ、合格にしてもらった疑い。官房長は人事や予算など省内の調整を担い、幅広い権限を持つ。谷口容疑者は受託収賄を手助けした疑い。

 佐野容疑者は、省内では「将来の次官候補」と目されていたという。

 佐野容疑者は昭和34年、山梨県出身。早大大学院理工学研究科修了後、60年に旧科学技術庁に入庁した。原子力局政策課長補佐を経て、平成5年から米国スタンフォード大に留学。8年からは在英国日本大使館の1等書記官も務めた。

 省庁再編後は文科省開発局宇宙開発課長や高等教育局私学部参事官(私立学校法人担当)などを歴任。19年9月から21年6月まで山梨大副学長も務めた。28年6月から官房長、29年7月から科学技術・学術政策局長を務めていた。