記事詳細

プールも海も外国も行けない山口組組員の“退屈な夏休み”

 「三つ巴抗争」の緊張が続く山口組内で、“新たな問題”が持ち上がっている。

 「例年、六代目山口組は8月に1か月ほど冠婚葬祭などの義理事は行なわないことになっている。執行部の仕事を制限し、若い衆たちに休みを与えるのが目的。今年は8月1日~9月5日の定例会までの期間に決まった」(六代目山口組関係者)

 いわゆる“ヤクザの夏休み”だが、組員たちはどう過ごすのか。

 「会社員と同様、この期間にまとまった休みをとることが多い。しかし、いまやレジャーで行ける場所はほとんどない」(同前)

 2011年の暴力団排除条例の施行以降、暴力団関係者の“遊び場”は減った。

 「和彫りの入れ墨が入っていると、温泉やプール、海水浴場などの施設にはまず入れない。海好きな六代目山口組の司忍組長は以前、知多半島沖の無人島まで行って、組員たちとジェットスキーで遊んでいた。このご時世、そこまでしないと海水浴すらできない」(同前)

 ならば海外でバカンスを楽しむ--という選択肢も難しくなっているという。

 「米国は日本から暴力団構成員のリストが提供されていて入国は不可能。他の国々でも前科があれば入国を拒否される国が増えている。俺らの個人情報は旅行代理店に知られているから、旅行の相談をしてもカウンターで“受け付けられない”と拒絶されてしまう。結局、比較的入国審査に“寛容”なアジア諸国に行く者が多い」(神戸山口組関係者)

 暴力団事情に詳しいフリーライターの鈴木智彦氏が言う。

 「夏休みに入っても一連の抗争が、完全なる“休戦”となるわけではありません。休暇中も3団体の緊張状態は続いており、山口組関係者らは8月に入っても“臨戦態勢は変わらない”と言っています。いつあるか分からない招集に備え、自宅で家族と過ごすだけ、といった味気ない休みを送る組員が一番多いのではないでしょうか」

 バカンス気分にはほど遠いようだ。

 ※週刊ポスト2018年7月13日号

NEWSポストセブン

関連ニュース