記事詳細

天下り問題で大揺れ時に東京医科大「裏口入学」 文科官僚の実態…逮捕の局長はエース中のエース (1/2ページ)

 自身の立場を利用し、私大難関の医大に息子を裏口入学させた文科官僚が捕まった。東京地検特捜部が4日、受託収賄容疑で逮捕したのは、文部科学省科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者(58)。同省の私大支援事業を巡り、東京医科大学(東京)に便宜を図る見返りだったという。佐野容疑者はエース中のエースで「将来は次官」(職員)と呼び声が高かった人物。そんなエリートが、犯行に及んだ時期は、同省が天下り問題で大揺れだったころだ。善悪の判断を鈍らせる権力の集中。官僚の傲慢ぶりに付ける薬はない。

 特捜部は同日、佐野容疑者と東京医科大の仲介役になった会社役員、谷口浩司容疑者(47)も受託収賄ほう助の疑いで逮捕した。

 佐野容疑者の逮捕容疑は、官房長だった2017年5月、東京医科大の関係者から支援事業の対象校に選んでほしいと依頼を受け、謝礼として今年2月の入学試験で息子の点数を加算させ、合格にしてもらった疑い。谷口容疑者は受託収賄を手助けした疑いがもたれている。

 贈賄側である東京医科大では臼井正彦理事長が関与したとの疑惑が浮上、特捜部では慎重に調べている。

 問題の支援事業は「私立大学研究ブランディング事業」。大学の看板となる研究の推進に必要な費用を国が助成し、施設の新築や機器の購入などに充てられる。

 東京医科大は、がんや生活習慣病の早期発見を推進するなどの計画書を提出。16年は落選したが、17年11月に選定され、1年分の助成金として3500万円の交付を受けた。医科大が応募した部門には65校が申請し、医科大を含む27校が選ばれた。

関連ニュース