記事詳細

スルガ銀行の融資先が営業停止、集団提訴へ

 スルガ銀行が物件購入費を会社員らに融資していた投資用アパート運営の不動産会社ガヤルドが営業活動を事実上停止し、経営が頓挫していることが分かった。ガヤルドの物件所有者の一部は近く同社を相手取り、損害賠償を求めて東京地裁に提訴する方針だ。

 スルガ銀のずさん融資を巡り経営の行き詰まりが表面化したのは、破産手続きが始まったシェアハウス運営のスマートデイズ、ゴールデンゲインに続き3社目。提訴にはゴールデンゲインの所有者も歩調を合わせる予定で、計十数人による集団提訴となる見通しだ。