記事詳細

【有本香の以毒制毒】上川法相の「覚悟」に敬意 麻原元死刑囚ら7人の刑執行に署名 (1/3ページ)

 14府県で195人もの方が、「平成30年7月豪雨」の犠牲となられた(12日現在)。衷心よりご冥福をお祈りいたしたい。一方、依然60人超の方が安否不明だ。連日30度超えの暑さのなか、懸命の捜索活動を続ける自衛隊や警察、消防の皆さんに感謝と敬意をささげつつ、被災地外の私たちは今、「1人でも多くの生存者を」と祈るしかない。多くの国民が同じ気持ちであろう。

 だが、驚くべきことに、この大変な災害さえも、自らの「政争の具」にして恥じないアホ政治家や一部メディアがある。もはや怒りを通り越し、情けないとしか言いようがなく、この「政争バカ」たちをいくら嘆いても被災者の役には立たないので、今回は別の一件を取り上げる。

 先週6日、オウム真理教の元教祖、麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚ら7人の死刑が執行された。予想どおり、直後から、刑の執行を疑問視・批判する声が上がったが、これもまた、安倍政権批判に絡めて言う向きが目立った。

 私ごとだが、オウム真理教というと思い出すことがある。地下鉄サリン事件(1995年3月)の朝、会社員だった私は、たまたま有給休暇を取って家で寝ていた。午前10時過ぎ、家の電話が鳴り、無視を決め込もうかと思いながらも出ると、同僚からだった。

 「よかった。無事だったんだね。すぐテレビつけて…」

 普段どおり出勤していたら、自分が乗っていた可能性のある電車の車内で「毒ガスがまかれた」とテレビは伝えていた。

関連ニュース