記事詳細

東京医科大「裏口入学」、佐野容疑者とのやりとり録音「息子が一番行きたい大学です」

 私大支援事業をめぐって受託収賄容疑で文部科学省の前科学技術・学術政策局長、佐野太容疑者(58)が逮捕された事件で、東京医科大の臼井正彦前理事長(77)が、入試を受ける佐野容疑者の息子の扱いについて「正規合格がいいか、補欠合格がいいか」と尋ねていたことが13日、関係者への取材で分かった。佐野容疑者は「(東京医科大は)息子が一番行きたい大学です」「よろしく」などと応じたという。

 東京地検特捜部は、両者の詳細なやりとりを記録した音声データを入手し、不正合格に至った経緯を調べている。

 佐野容疑者は官房長だった昨年5月、臼井氏から文科省の「私立大学研究ブランディング事業」の対象校にするよう取り計らってほしいと頼まれ、その謝礼と知りながら医学部医学科の入試で息子を合格させてもらった疑いがある。

 関係者によると「官房長に事業の対象校選定の職務権限はなく、得点の加点を頼んだこともない」と容疑を否認している。

 佐野容疑者と臼井氏は同じころ、元医療コンサルティング会社役員、谷口浩司容疑者(47)=受託収賄幇助(ほうじょ)容疑で逮捕=も交えて複数回会食。臼井氏はこの場で息子を不正に合格させることを前提に、正規合格か補欠合格かの選択肢を示した。臼井氏は佐野容疑者の言動から正規合格を希望したと判断し、担当者に加点を指示したとみられる。

関連ニュース