記事詳細

米中戦直撃…大揺れの韓国、日本にスワップ命乞いも「蚊帳の外」 海外投資家逃げ出す (3/3ページ)

 前出の勝又氏は「米韓自由貿易協定(FTA)の交渉の際に為替介入による通貨安誘導が事実上禁じられたことが大きい」とみる。輸出に有利なウォン安に誘導するためドル買い介入するという手がもはや使えなくなったというわけだ。

 韓国は外貨準備を積み上げることで危機に備えているが、日本はどう対応すればよいのか。勝又氏はこう突き放す。

 「韓国にとって日本と接近できるのは渡りに船だ。日本は通貨スワップを再開してもメリットもデメリットもないが、取引材料としてぶら下げておくのがいいのではないか」

関連ニュース