記事詳細

韓国パニック「コンビニでエアコン使えない」 文大統領、最低賃金引き上げる経済政策失敗 (2/2ページ)

 来年の引き上げをめぐって、人件費高騰に苦しむ小規模事業者が反発する動きもあったが、文氏が気にしている様子はない。逆に、16日の政府高官を集めた会議で「政府は可能な限り早期に最低賃金1万ウォンを実現できるよう最善を尽くす」と述べたのだ。

 保守系メディアからは、急激な最低賃金引き上げが「失敗」との指摘もあるなか、政権が企業に責任転嫁するような動きもあるという。

 韓国に精通するジャーナリスト、室谷克実氏は「例えば、コンビニ各社は政府から加盟店料を下げろといわれ、やらなければ公正取引委員会が調べると圧迫を受けている。そうなると、企業側の逃げ場は製品価格を上げることしかなく、最低賃金は上がったが、その分物価も上がったということになるしかない。インフレ分だけウォンが目減りするということになるだろう」と話した。

 韓国経済自体がパニックに陥りそうだ。

関連ニュース