記事詳細

殺人猛暑から身を守れ!プロが教えるエアコン使用法7カ条 アナタの使い方は間違っていた? (2/2ページ)

 「(2)設定温度は下げすぎず26~28度の設定がお勧めで、(3)扇風機と併用すること。エアコンを弱風にして冷気を上部に放ち、降りてきた冷気を扇風機で循環させるのが賢い方法です」

 寝るときも「(4)タイマー機能を使わないでエアコンと扇風機をつけっぱなしにした方がいい。そうでないと熱中症の危険が高まります」。

 (5)「ドライ機能」は電気代を押し上げるためNG。「すでに冷えた部屋の空気を一度暖める『再熱』という過程で、余計に電気を使用してしまいます」

 このほか(6)窓のカーテンを閉めるなどして外から熱気が入り込むのをシャットアウトし、「(7)ぬれタオルなどで室外機そのものを冷やすと効果的」。高温状態の室外機はパフォーマンスが低いという。

 「もしエアコンの買い替えを検討しているなら、湿度を調整する『除湿機能』や、エアコンのみで空気を循環させる『気流制御機能』に着目して商品を選ぶといいですよ」とコヤマ氏。

 買い替えは別としても、今日からさっそく実践してみよう。

関連ニュース