記事詳細

オウムの林泰男死刑囚ら6人全員死刑執行 被害者6500人超の凶悪事件に区切りも…後継団体信者の報復に警戒 (1/3ページ)

 オウム真理教による一連の事件に関与したとして、死刑が確定した教団の元幹部6人の死刑が26日午前、執行された。法務省が発表した。上川陽子法相が2日前の24日に命じた。地下鉄サリン事件(1995年)の実行犯の一人で、「殺人マシン」と呼ばれた林(現姓・小池)泰男死刑囚(60)が含まれている。6日には麻原彰晃(本名・松本智津夫)元死刑囚(63)ら7人の死刑執行があり、死刑が確定していた13人全員の執行が終わった。「平成日本」を震撼(しんかん)させた事件は、大きな区切りを迎えた。

 林死刑囚のほか26日に死刑執行が行われたのは、端本悟(51)▽岡崎(現姓・宮前)一明(57)▽横山真人(54)▽広瀬健一(54)▽豊田亨(50)-の5死刑囚。

 26日午前に記者会見した上川氏は「教団は勢力を拡大し、救済の名の下、日本を支配して自らその王となることまで空想して武装化を進めた。その妨げとなるものは教団内外を問わず敵対視し、ポア、殺害するという身勝手な教義の下、二度にわたる無差別テロに及んだ」と述べた。

 教団は、地下鉄サリン事件のほか、松本サリン事件(94年6月)、坂本堤弁護士=当時(33)=一家3人殺害事件(89年11月)など13事件を起こしたと認定されている。

 いずれも麻原元死刑囚が首謀者とされた。判決で認定された死者は計27人で、起訴後の死亡者などを含めた犠牲者は29人に上る。国は6500人以上の被害者を確認している。

関連ニュース