記事詳細

【菊池雅之 最新国防ファイル】艦対空ミサイルで標的撃墜、救援でも主役 護衛艦「いせ」が「リムパック2018」で活躍 (1/2ページ)

 6月27日から8月2日まで、ハワイ・オアフ島や周辺海域で、環太平洋合同演習「リムパック2018」が行われている。日米を含む25カ国が参加し、世界最大規模の演習にふさわしく、連日熱い訓練が洋上で繰り広げられている。

 海上自衛隊は、ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」型の2番艦「いせ」を参加させた。今回もHA/DR(Humanitarian Assistance/Disaster Relief=人道支援活動/災害救援)において中心的役割を果たした。

 大震災に見舞われた架空のグリフォン国を助けるシナリオで、日米を中心に数カ国が参加した。7月13日には、負傷者をヘリで洋上の「いせ」まで運びこみ、応急手当てなどを実施する訓練も行われた。

 7月20日には、「いせ」に搭載された艦対空ミサイル「ESSM」(射程30~50キロ)の射撃訓練も行われた。これまで海自護衛艦に搭載されてきた艦対空ミサイル「シースパロー」の発展型で、米レイセオン社が開発・製造した。

 カウアイ島沖には、PMRF(Pacific Missile Range Facility=太平洋ミサイル射場)と呼ばれる巨大な「海の射爆場」がある。エリア内には、海中を含めてセンサーが張りめぐらせてある。目標に命中させるだけでなく、どのような航跡を経て、どれくらいのスピードで標的まで近づいたか、確実に撃破できる命中であったかなど、細かくモニタリングできる。

 日米はここで、弾道ミサイルを撃墜できるイージス艦搭載型艦対空ミサイル「SM-3ブロックIIA」の実射も行っている。

関連ニュース