記事詳細

「霞が関ブローカー」に「顧問」の名刺、「国会通行証」の疑惑も “黒幕”野党議員の対応は… 文科省汚職 (1/2ページ)

 文科省を直撃した汚職事件に絡み、「黒幕」として取り沙汰される野党議員の対応が問題視されている。「霞が関ブローカー」と呼ばれる医療コンサルティング会社の元役員=贈賄容疑で再逮捕=が「政策顧問」の名刺を使うことを容認し、軽率との批判を招いているのだ。国会の通行証に関わる疑惑も指摘される。大手メディアが追及しないなか、責任野党としては真摯(しんし)な説明が求められる。

 一連の汚職事件のキーマンといえるコンサル会社の元役員、谷口浩司容疑者(47)をめぐっては、立憲民主党のA衆院議員と、国民民主党のB参院議員が、夕刊フジの取材に交際があったことを認めた。

 このうち、B議員の事務所は26日、夕刊フジの質問状への回答書で、「(谷口容疑者に)数年前から政策問題についてアドバイスを受けていたため、政策顧問の肩書きを使用することを了解していた。報酬は一切払っていない」と釈明している。

 永田町では、谷口容疑者が「国会議員の政策顧問」という名刺を手に、政官界の人脈を広げていた-との情報が広がっている。ブローカーとして暗躍するうえで、名刺が抜群の効力を発揮したことは、想像に難くない。

 これまでにも、ブローカーといわれる面々が、国会議員の「顧問」や「秘書」などを名乗ってうごめいた例はあるが、今回のB議員側の対応をどうみるか。

 政治評論家の伊藤達美氏は「国会議員には、さまざまな人が思惑をもって近づいてくる。学識経験者や官僚OBを政策顧問に迎えるなら分かるが、一般人に肩書の使用を認めるのは、脇が甘すぎる。軽率のそしりを免れない」と批判する。

関連ニュース