記事詳細

7月1000件超、レオパレス21への苦情がヒートアップ 設置のエアコン3時間で自動停止「熱中症になりかねない」 (1/2ページ)

 賃貸アパート大手レオパレス21(東京)が、物件に地球温暖化対策として導入していた3時間で自動停止するエアコンに対し、猛暑のため苦情が急増していることが7月31日、分かった。同社は機器の交換や設定変更の対応に乗り出した。今夏は熱中症患者が激増し、死者も続出。居住者の1人は「3時間おきにうなされて起き、頭痛や腹痛といった体調不良は日常的」と激怒している。

 同社によると、同種のエアコンは2002年1月~15年3月に建築した計約39万戸に設置。これまでに約6万4000戸で作業を終えた。記録的な猛暑となった今年は、エアコンを巡る入居者からの問い合わせは今年6月に130件、7月は29日までに1165件と例年を上回るペースで急増。「熱中症になりかねない」「命に関わる」などの声が寄せられた。

 同社は「温暖化対策を踏まえ、節電目的で推奨していた。すでにやめており、今後は設置しない」と説明している。

 これまでは、設定についての問い合わせがあった場合のほか、設置から7~10年が経過した場合や入居者が入れ替わる際に通常のエアコンに交換する対応を取ってきた。

 近年は熱中症による体調不良や病院搬送が社会的に問題となり、同社から入居者に対し、設定を解除する方法を案内したり、エアコン本体やリモコンの交換を進めたりする対応を始めたという。

 このエアコンが設置された千葉県内のアパートに住む30代の女性会社員が取材に応じ、「熱帯夜の中、3時間おきにうなされて起き、頭痛や腹痛といった体調不良は日常的で、救急車を呼ぼうかと思ったこともある。社宅のため、転居も難しく、早く対応してほしい」と訴えた。

関連ニュース