記事詳細

ラオスのダム決壊で再認識…韓国“ポンコツ”技術、過去にも死傷者出す事故続発 識者「背景に見かけ重視の国民性」 (1/2ページ)

 ラオス南部で建設中のダムが決壊した事故を受け、韓国の技術力に対する信用が急落している。ラオス政府は「人災」と断定し、韓国側に「特別補償」を要求していることに加え、過去にも、韓国が建設に関わったインフラなどで、多数の死傷者を出す事故が相次いでいるのだ。識者は「安全性を後回しにした見かけ重視」の国民性が背景にあると指摘する。

 韓国のSK建設を中心とした合弁会社が建設していたラオスのダムは、土を積み上げた「アースダム」(韓国・聯合ニュース)と伝えられる。

 アースダムは、最も古い形式で、「洪水時の決壊」の可能性を指摘する専門家もいる。決壊原因をめぐっては、ラオス政府が「人災」と断定したが、韓国側は「豪雨による天災」と主張し、対立している。

 韓国では、過去にもインフラや建築物の大規模事故が相次いでおり、「欠陥工事・手抜き疑惑」も指摘されてきた。

 1994年10月にソウルの漢江(ハンガン)にかかる「聖水(ソンス)大橋」が崩壊した事故では、バス数十台が川に転落し、32人が死亡した。当時の報道によると、定期検査で鉄製橋板の結合部分に腐食個所が見つかっていながら、放置されたという。

 502人が死亡する大惨事となったソウルの三豊(サンプン)百貨店の崩壊事故(95年6月)では、コンクリートや柱に入れる鉄筋の量が規定通りでなかった疑いが指摘された。

関連ニュース