記事詳細

滋賀県出身の映像クリエーターか 北朝鮮の日本人男性拘束問題

 北朝鮮に渡航していた日本人男性が現地当局に拘束された問題で、男性は滋賀県出身の映像クリエーター(39)とみられることが11日、関係者の話でわかった。政府は、邦人保護の観点から、男性の安否を含め情報収集を急いでいるが、「確認中」として詳細は明らかにしていない。

 関係者によると、男性は外国の旅行会社のツアーを利用して北朝鮮を訪れていたという。過去にも北朝鮮に渡航していたとの情報もある。

 日本外務省は対北朝鮮制裁の一環として、全国民に北朝鮮への渡航自粛を要請している。

 北朝鮮では元新聞記者が1999年にスパイ容疑で拘束され、約2年間抑留された例がある。(産経新聞)

関連ニュース