記事詳細

文大統領がまたまた妄言「慰安婦問題は外交では解決しない」 (2/2ページ)

 強引な「最低賃金引き上げ」といった経済政策の混乱や、世論操作事件をめぐる側近への捜査など悪材料が続き、文政権の支持率は50%台に急落した。危機感を募らせる文氏が世論を意識しながら、日本を過度に刺激しないよう、バランスを取った可能性もある。

 韓国事情に精通する朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は「韓国で慰安婦は英雄的存在だ。文氏が『解決した』と言ってしまえば、猛批判にさらされ、ますます立場を悪くする。憲法より上位にある国民情緒に配慮せざるを得ない一方で、日本を公然と批判もできない『板挟み』の状態に陥っている」と指摘している。

関連ニュース