記事詳細

歴代首相が「石破氏離党の過去」チクリ 安倍首相らの会食“裏話”が明らかに… 自民総裁選 (1/2ページ)

 自民党は21日の総裁選挙管理委員会で、総裁選の日程を「9月7日告示、20日投開票」と正式決定する。連続3選を目指す安倍晋三首相(党総裁)と、石破茂元幹事長による一騎打ちとなる見通しで、2012年以来6年ぶりの選挙戦に突入する。国会議員票(405票)と、地方票(同)の計810票の争奪戦が激化する。

 安倍首相は来週にも立候補を正式表明する見通し。すでに憲法9条に自衛隊を明記する自民党憲法改正案を秋の臨時国会に提出する方針を掲げており、外交・安全保障やアベノミクスの実績も訴えていく考え。

 石破氏は、安倍首相の政治姿勢への批判を強め、「官邸の信頼回復」を打ち出していく構えだ。9条改憲は急ぐ必要がないという「隠れ護憲派」ともいえる持論を展開している。今後、経済や社会保障政策に関する具体的見解を順次発表する意向だ。

 安倍首相は、総裁選期間中も外交日程などがあり、公開討論会や街頭演説などは最小限となる可能性が高い。

 こうしたなか、山梨県鳴沢村にある笹川陽平日本財団会長の別荘に15日夜、安倍首相や、森喜朗、小泉純一郎両元首相、麻生太郎副総理兼財務相らが訪問した際の「裏話」を、産経新聞が20日朝刊で報じた。

関連ニュース