記事詳細

【知られざる第一次世界大戦の偉業】「地中海の守護神」と呼ばれた日本艦隊 攻撃受けた連合軍船舶から7千人を救助した (1/2ページ)

★(2) 

 第一次世界大戦(1914~18年)の開戦当初、ヨーロッパ大陸では塹壕戦が長期化していた。これを打開するため、連合国から日本に対して陸軍部隊の派遣要請がきた。だが、日本政府は国益の遠く及ばぬヨーロッパ大陸への陸軍部隊の派遣を拒否し続けた。

 だが、日本は17年1月、同盟国・英国の強い要請で、地中海などへの艦隊派遣を決定する。任務は、ドイツ・オーストリアの潜水艦による攻撃から、連合国の輸送船を守る船団護衛であった。

 こうして編成された「第1特務艦隊」は、英領シンガポールを拠点として東南アジアやインド洋の通商保護にあたった。そして、「第2特務艦隊」は最前線の地中海に派遣された。同艦隊の活躍は目覚ましかった。

 17年、英輸送船「トランシルバニア号」が地中海で魚雷攻撃を受けたとき、日本の駆逐艦「榊」と「松」が、捨て身の救助活動を行い、約3000人を救助した。のちに英国王ジョージ5世は、第2特務艦隊の士官7人、下士官20人に勲章を授与した。さらに驚くべきは、日本海軍の偉業と功績が英国下院で報告されるや、議場は歓呼と拍手に包まれ、日本語で「バンザイ」が唱和されたというのだ。

 日本艦隊は、洋上で敵潜水艦を発見するや、勇猛果敢な爆雷攻撃でこれを撃沈し、敵の雷撃で航行不能になった輸送船を、敵潜水艦と交戦しながら身を挺して護送した。あるときは、護衛する輸送船を狙う魚雷に向かって突進したという。

 各国海軍は、自らを犠牲にしてまで輸送船を守り抜く日本海軍の姿にいたく感銘し、畏敬の念を抱いた。

関連ニュース