記事詳細

チケット転売IT悪用、9割が自動ソフトからの買い占め 米・アカマイ・テクノロジーズ実態報告

 スポーツやコンサートの入場券の高額転売が社会問題化する中、チケット販売サイトに対し、コンピューターの自動プログラムを使って申し込みをしているとみられるアクセスが、全体の9割以上を占めるケースがあることが判明した。ITを悪用した手法に関係者も警戒を強めている。

 チケットの申し込みに際し、自動プログラムを使用している実態を暴いたのは、米IT大手アカマイ・テクノロジーズ。

 9割が自動プログラムという事態は、チケット販売大手のイープラス(東京)で5月中旬に確認された。

 同社は、アカマイが開発した、自動プログラムによるアクセスを見破って遮断するシステムをこのほど導入。チケットの販売開始が集中する土曜日の午前10時から30分間を調べたところ、約50万回のアクセスのうち、約45万回が自動プログラムと判明したという。

 アカマイのシステムは、利用者がキーボードをたたくタイミングやマウスの動きなどから、人間なのか機械なのかを見分ける。

 イープラスの分析によると、約45万回のアクセスのほとんどは、100程度の特定のアカウントを利用し、国内数百カ所から同じプログラムを使って集中的に行われていた。1アカウント当たり約4500回の申し込みをしていたことになる。巧妙な手法で、これまで遮断などの措置が取れなかったという。担当者は「プロ集団の手口だろう」とみている。

 こうした状況は、正規利用者が購入できないことにつながり、2020年東京五輪・パラリンピックのチケットを巡っても、高額転売の横行が懸念されている。販売サイトなどでの対策強化が求められそうだ。

関連ニュース