記事詳細

石破氏“離党歴隠し”に批判噴出「不正直」 特設サイトに新党形成の過去は不掲載 自民党総裁選 (2/2ページ)

 「正直、公正、石破茂」の文字が躍る特設サイトのプロフィルには、1986年衆院選に「全国最年少議員」として初当選し、「11期連続当選」を果たしたことのほか、農水相や防衛相、自民党幹事長や政調会長といった要職歴が明記されている。

 しかし、自民党が野党だった93年、党の方針に反して「政治改革関連法」に賛成したのを機に離党し、小沢一郎氏(自由党代表)らと新進党結党に参加した過去には触れていないのだ。

 石破氏の離党に、今も不信感を抱いている自民党関係者は少なくない。総裁選で不利になると判断して「隠した」のか。

 ネット上では、「不正直」「隠蔽(いんぺい)体質」「インチキ」「余計印象が悪い」「消極的な自己防衛」といった書き込みがみられる。

関連ニュース