記事詳細

【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】とんでもないところに首都を置いてしまった日本 9数百年の周期で襲ってくる「海溝型地震」 (1/2ページ)

 「防災の日」は9月1日だ。阪神淡路大震災(1995年)のあとも、東日本大震災(2011年)のあとも、防災の日として不変だった。その理由は、この地震の犠牲者が10万人を超えて、日本史上、最大だったためだ。

 この地震とは、関東地震(1923年)で、首都圏を襲った。地震のあとに火が燃え広がって、犠牲者の多くは焼死だった。

 この地震のマグニチュード(M)は7・9。フィリピン海プレートが首都圏の下に潜り込むことによって起きた海溝型地震だ。海溝型地震のエネルギーは直下型地震をはるかにしのぐ。

 首都圏は日本でも特異なところだ。日本のどこでも起きる可能性がある直下型地震も何回も起きている。たとえば1855年の安政江戸地震は日本の直下型地震として阪神淡路大震災以上の被害を生んだ。

 そのほかに、首都圏は足元で海溝型地震が起きる。直下型地震と違って海溝型地震は繰り返す。厳密な周期があるわけではないし、1回ごとに規模や震源は少しずつ違うのだが、平均で数百年ごとに繰り返してきた。

 1923年の関東地震の「ひとつ先代」はいまの暦で1703年の大晦日に起きた元禄関東地震だ。

 もうひとつ前の「先代」は13世紀の鎌倉時代に起きた永仁地震(1293年)だった。

 それより前の海溝型地震は、ちゃんとは知られていなかった。京都や奈良のように多くの知識人が住んで、日記など多くの文書を残していたわけではない関東では、過去の地震についての文書がはるかに少ない。

関連ニュース