記事詳細

安倍首相「最後の総裁選」奔走、議員票4分の3確保か ゴタゴタ石破氏は文春記事めぐり“難クセ” (1/2ページ)

 自民党総裁選(9月7日告示、同20日投開票)で、連続3選を目指す安倍晋三首相(総裁)が、「最後の総裁選出馬」となることを明言した。国会議員票(405票)で4分の3の支持を得たとも伝えられ、地方票固めに奔走する。一方、石破茂元幹事長の陣営は、飯島勲内閣官房参与の週刊誌コラムにケチを付け、抗議することを決めた。

 「私にとって4回目であると同時に、最後の総裁選となる」

 安倍首相は8月30日、名古屋市で開かれた党会合でこう語り、並々ならぬ決意を示した。

 「もう3年、子供や孫たちの世代に、美しい伝統ある古里と、誇りある日本を引き渡していくため、日本のかじ取りを担っていく」とも強調した。

 自民党は3月の党則改正で、総裁任期を「連続3期9年」とした。安倍首相は2006年と12年、15年の総裁選で当選し、今回連続3選を果たせば、その後の総裁選に続けて立候補できない。

 「最後の総裁選」で、安倍首相陣営は、国会議員と党員の双方の票固めを加速させている。「圧倒的勝利」によって求心力を維持し、憲法改正や北朝鮮の拉致問題といった課題の解決に邁進(まいしん)するためだ。

 そうしたなか、読売新聞は31日朝刊で、党所属国会議員405人のうち、4分の3にあたる307人が安倍首相を支持する情勢だと報じた。

 同紙によると、主要5派閥(計257人)の大半を固めたほか、無派閥(73人)でも菅義偉官房長官に近い議員を中心に、35人が支持しているという。

関連ニュース