記事詳細

【日本の選択】安倍改憲、最大の眼目は「自衛隊=違憲」の排除 臆することなく断行を (2/2ページ)

 憲法学者だけではない。日本共産党も自衛隊を違憲の存在と位置付けている。彼らは自衛隊の迷彩服が気に入らぬとの理由で、自衛隊のイベントを中止に追い込んだりしている。根底には、自衛隊が違憲の存在であるとの解釈があることを見逃してはならない。

 憲法には、自衛隊に関する記述が皆無である。「戦力」の不保持、「交戦権」の否定が記されている。文字通り憲法を読めば、自衛隊が違憲だと思う人が存在するのもおかしな話ではない。こうしたバカげた状況は改善されねばならない。

 「祖国を防衛する」という、最も高貴な責務を果たしている自衛隊を違憲の存在などと解釈する余地を認めない。それが安倍改憲の最大の眼目だ。自衛隊は絶対に違憲の存在ではあり得ないという、国民の意志を憲法に刻むことには大きな意味がある。

 繰り返す。安倍首相は迷うことなく、臆することなく憲法改正を断行してほしい。

 ■岩田温(いわた・あつし) 1983年、静岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、同大学院修士課程修了。拓殖大学客員研究員等を経て、現在、大和大学政治経済学部政治行政学科専任講師。専攻は政治哲学。著書に『平和の敵 偽りの立憲主義』(並木書房)、『「リベラル」という病』(彩図社)、『政治学者が実践する 流されない読書』(育鵬社)など。

関連ニュース