記事詳細

第4次安倍改造内閣、地味だがバランス取れた全方位型 「憲法改正、首相の強い意志」八木秀次氏が分析 (2/2ページ)

 「安倍首相は党総裁選を経て、憲法改正に向けて邁進(まいしん)する。党の憲法改正推進本部長に側近の下村博文元文科相を充てたことからも、首相の強い意志が読み取れる」

 「菅氏に拉致問題担当相を兼務させたのも、『官邸主導で解決する』『従来の路線は変わらない』という強い姿勢を感じた」

 報道各社の世論調査で近く、改造内閣の支持率が出る。

 八木氏は「初入閣組に目玉がなく、スター不在のため、支持率は少し上がるくらいだろう。安倍首相には一喜一憂せず、国益のために、やるべきことを堅実にやってほしい」と語った。

関連ニュース