記事詳細

【高橋洋一 日本の解き方】「ノーベル経済学賞」受賞者の功績 「温暖化」「アイデア」の知見を実際の政策として社会に生かす (1/2ページ)

 2018年のノーベル経済学賞は、ウィリアム・ノードハウス米エール大教授とポール・ローマー米ニューヨーク大教授に決まった。

 同賞は、正式にはスウェーデン国立銀行賞といい、ノードハウス氏は「気候変動を長期的なマクロ経済分析に組み込んだ」ことを、ローマー氏は「技術革新を長期的なマクロ経済分析に組み込んだ」ことが評価された。公式サイトには、今年の受賞者は「市場経済が自然や知識にどのように長期的な影響を与えるかを調べるために必要なツールを設計することによって、経済分析の範囲を広げた」と書かれている。

 ノードハウス氏は、環境問題への対処として有名な「炭素税」の実質的な提唱者であり、最近、『気候カジノ 経済学から見た地球温暖化問題の最適解』という本を出した。「気候カジノ」というタイトルでは何を言っているのかわからないが、副題に「経済学から見た地球温暖化問題の最適解」と書かれている。

 20世紀からの地球温暖化については、人間の産業活動に伴って排出された温室効果ガスが主因だとの説が主流である。科学的な議論は収束しつつあるが、温室効果ガスが原因であると確定されたわけではない。

 ただ、その最悪の場合に備える保険的な意味において、温室効果ガス対策をするのは妥当であろう。

関連ニュース