記事詳細

【勝負師たちの系譜】王座戦 平成以降はほぼ羽生善治竜王が独占も…台頭する若手棋士たち (2/2ページ)

 王座戦での羽生独占に穴を開けたのは、昨年挑戦した中村太地六段(当時)だった。第1局の終盤、羽生勝ちが確定したかに見えた局面から逆転勝ちした将棋を見て、今期の中村は行けると私は感じたものだった。

 羽生も40代後半に入り、さすがに以前のような無敵感を醸し出すのが難しくなった。そこを羽生に苦手意識のない若手が、羽生からタイトルを奪っていったのである。

 今期、中村に挑戦するのは関西の新鋭、斎藤慎太郎七段。イケメン対決と言われ、斎藤は過去一度棋聖挑戦があるが、奪取はできなかった。

 しかし同年代の彼が取れるなら、自分にも取れない訳はないという二段論法で過去、多くの若手がタイトルに就いたことを考えると、これからタイトル保持者はどんどん若返るはずで、現在五番勝負は、斎藤の2勝1敗。

 ■青野照市(あおの・てるいち) 1953年1月31日、静岡県焼津市生まれ。68年に4級で故廣津久雄九段門下に入る。74年に四段に昇段し、プロ棋士となる。94年に九段。A級通算11期。これまでに勝率第一位賞や連勝賞、升田幸三賞を獲得。将棋の国際普及にも努め、2011年に外務大臣表彰を受けた。13年から17年2月まで、日本将棋連盟専務理事を務めた。

関連ニュース