記事詳細

在日米軍が韓国人を“敵視”か 訪問時審査を厳格化、識者「北によるテロ警戒…米の『不快感のあらわれ』も」 (1/2ページ)

 在日米軍は、韓国人を「敵の可能性がある」とみなし始めたのか-。日本国内の米軍基地を訪れる韓国人に対し、確認手続きを強化し、事前審査を義務づける新指針を導入したのだ。識者は、北朝鮮によるテロ警戒に加え、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の対北融和姿勢が関係していると分析している。

 新指針は、米軍準機関紙「スターズ・アンド・ストライプス(星条旗新聞)」が15日報じ、朝鮮日報も16日伝えた。

 在日米軍は、北朝鮮や中国、ロシア、イラン、アフガニスタンなど約50カ国を「指定第三国」とし、対象国の人間が事前審査なしに基地に立ち入ることを禁じている。韓国は米国の同盟国にもかかわらず、指定第三国に組み入れられ、規制の対象国となったのだ。

 指定第三国の人々が在日米軍基地を訪問する場合、30日前に基地の警備部門に申請する必要がある。米軍関係者が身元や訪問目的を書類に記し、関係部局の審査と基地司令官の承認を経て、初めて許可される。

 星条旗新聞によると、在韓米軍基地を訪れる日本人については、事前審査は義務づけられておらず、今回の措置が異例であることがうかがえる。

関連ニュース