記事詳細

懸念される米中通貨戦争 米財務省が為替報告書を公表 切り札「操作国認定」は見送り、半年後再審査 (2/2ページ)

 米財務省の為替報告書は、(1)米国に対する貿易黒字が年200億ドル(約2兆2000億円)以上(2)経常黒字が国内総生産(GDP)の3%以上(3)為替介入による外貨購入額がGDPの2%以上-の基準のうち、原則2つに該当すれば通貨政策の「監視対象」に指定。3つとも該当すれば「為替操作国」と認定し、経済制裁も視野に通貨政策の是正を要求する。

 1994年の中国を最後に「為替操作国」に認定された国・地域はないが、トランプ大統領は「中国は為替操作国だ」と繰り返し明言している。

関連ニュース