記事詳細

【永田町・霞が関インサイド】「理の人」「情の人」仙谷由人元官房長官 (1/2ページ)

 「理の人」であり、「情の人」でもあった仙谷由人さん(元官房長官)が亡くなった。衆院議員初当選の1990年以来、公私にわたってご厚誼いただいた。

 筆者がワシントン取材にたつ前日の9月28日、久しぶりに仙谷さんから電話があった。筆者が発行する「インサイドライン」(9月25日号)の記事「天皇皇后両陛下の体調と日程の狭間で揺れる平成の総仕上げ」を読んで、自分の決断に確信を深めたと言われたのだ。

 その「決断」とは、今秋の叙勲を受けるということである。

 「これまでの政治家人生や叙勲の責任者でもある官房長官を務めたことで色々な思いがあったが、受けることにした。あの記事はオレの背中を押してくれた」と、過分の言葉をいただいた。

 詳述する手帖の日程表を改めて繰ってみた。3年3カ月に及んだ民主党政権時代の2011年だけで、14回お会いしている。

 その多くは仙谷さんを囲む会だ。当選1回生時代の国会質問などでお手伝いした、現・元政治記者との飲み会である。仙谷さんはよく飲み、チェーンスモーカーでもあった。

 15年10月に実現した「阿波踊りパリ公演」は、その3年前の9月に発案者の仏人ジャーナリストを伴い議員会館を訪れ、企画を説明したことからスタートした。その場で地元・徳島の商工会議所会頭などの有力者に電話されて協力を要請、快諾を得た。即決・即断の仙谷さんを象徴するものだった。

関連ニュース