記事詳細

【高橋洋一 日本の解き方】許されない官僚の「面従腹背」 行政の私物化は国民への裏切り…前川喜平氏は懲戒免職でもおかしくない (1/2ページ)

 文部科学省の藤原誠事務次官が職員に「面従腹背はやめましょう」と呼びかけたことが話題となっている。

 文科省は2代続けて事務次官が辞任した。その後任の藤原次官は、(1)仕事で議論すべきときは議論する(2)大臣をはじめ上司が決めたことは従う(3)いったん決めた後は議論のプロセスをむやみに外に漏らさない-の3つを職員に対して求めた。

 組織的な天下り斡旋(あっせん)問題で辞任した前川喜平氏は2代前の次官だったが、「面従腹背」を座右の銘としていた。

 一般的に「面従腹背」とは、「表面では服従するように見せかけて、内心では反抗すること」を意味する。

 一方、前川氏の「面従腹背」は、国家戦略特区を巡る問題で、(1)議論すべきときでも議論せず(2)大臣をはじめ上司の決めたことには表向き従うふりをし(3)いったん決めた後でも自分の不満を外に漏らして裏切る-というものだった。

 前川氏は組織的な天下り斡旋に関与したが、それも表向き法律を守っているふりをしていればいいとの、彼流の「面従腹背」なのだろう。天下り斡旋は法律違反なので、前川氏は本来であれば懲戒免職でもおかしくない。彼は「面従腹背」で見かけ上反省しているふりをして、それを逃れたのだろうか。

関連ニュース