記事詳細

“パンダ外交”にだまされるな! 安倍首相の訪中で新たに貸与 「日米分断工作」との見方も (1/2ページ)

 安倍晋三首相の中国訪問(25~27日)に合わせて、新たなジャイアントパンダの貸与で日中が合意するという。中国はパンダを「外交ツール」として使い、日中友好を演出するつもりだが、「日米分断工作」という見方があるうえ、沖縄県・尖閣諸島への中国公船の侵入は常態化している。パンダのかわいらしさに目がくらみ、対応が甘くなってはならない。

 中国はかつて、パンダを「友好の証」として贈っていたが、1982年に「絶滅の危機」などを理由に贈与をやめ、「共同研究」などを名目に貸与する形を取るようになった。そのレンタル料や維持管理費は、年に億単位ともいわれる。

 新規貸与で合意となれば、2011年12月、野田佳彦首相と胡錦濤国家主席による日中首脳会談以来となる。「東日本大震災の復興シンボル」という位置付けだったが、翌年の尖閣諸島国有化などで中国国内で「反日デモ」が激化し、貸与は暗礁に乗り上げた。

 日中両国は今回、平和友好条約締結40年を機に、パンダ貸与でぎくしゃくした「日中関係の改善の象徴」にできればと考えたとされる。

 ただ、パンダは「中国によるチベット侵略と、人権弾圧の歴史の象徴」という指摘がある。

 中国は1949年の建国後、「チベットを帝国主義者の手から解放する」として、人民解放軍を侵攻させた。チベットのダライ・ラマ法王は国外に逃れた。

関連ニュース