記事詳細

積水ハウス55億円詐欺事件 地面師に高飛びされた警察の失態 (1/2ページ)

 「本来であれば、警視庁が表立って動くのはもう1週あとの予定だった。急転直下、犯人グループの強制捜査・逮捕となったのは、捜査の手が伸びることを察知した主犯格の男が高飛びしたから。警視庁としては、取り逃がしたかたちで大失態です」(捜査関係者)

 10月16日、大手住宅メーカー・積水ハウスから55億円を騙し取った「地面師」グループの男女8人が、偽造有印私文書行使などの容疑で逮捕された。

 その3日前の13日未明、主犯とされるカミンスカス(旧姓・小山)操・容疑者(58)は羽田空港にいた。ファーストクラスのチケットを現金で購入すると、フィリピン・マニラ行きの飛行機に乗り込んだ。

 事件を簡単に振り返る。五反田駅から徒歩3分の一等地にある約600坪の土地に、すでに営業していない「海喜館」という旅館が建つ。昨年4月、犯人グループは偽造書類やパスポートなどを使って所有者になりすまし、総額100億円ともいわれたその土地の売却を積水ハウスに持ちかけた。書類が偽造されたものと判明したときには、積水ハウスはすでに契約額の大半を支払ったあとだった。ジャーナリストの伊藤博敏氏がいう。

 「土地所有者を装う手口の『地面師』グループの事件で、“明らかな犯人”と呼べるのはなりすまし犯だけ。関係者が“私も騙された被害者だ”と口裏を合わせれば、摘発に何年も時間がかかることがあります。ですが、過去最大級の事件規模、被害者が積水ハウスという一部上場企業だったことが、警視庁の捜査を焦らせた」

 警視庁は今年7月、小山容疑者らの関係先を家宅捜索し、事情聴取を行なった。その際に携帯電話なども押収したが、確たる証拠がつかめなかったため、逮捕には至らなかった。

 「小山の1人目の妻はフィリピン人で、子供2人とともに現地で暮らしている。浅草のフィリピンクラブで連日豪遊していた小山は、英語が得意で海外での行動も容易。そういった事情を把握していたのに、警視庁はパスポートを押さえるなど、出国させないための措置を取っていなかった」(同前)

 一方の小山容疑者は捜査の進展を察知し、周到に準備を進めたことが窺える。

 「9月に入ってから、本人の関係先として家宅捜索もされた都内の2つの高級マンションを売りに出した。ともに1億円近い金額で売却済みだという」(同前)

 警視庁にそうした“逃走資金”を準備するような動きを把握していたか問うたが、「捜査の詳細は答えられない」とするのみだった。

NEWSポストセブン

関連ニュース