記事詳細

【有本香の以毒制毒】発売前にベストセラー!? アマゾンランキングも不動の一位 百田尚樹さん「日本国紀」現象とは (1/3ページ)

 身近なところで、ちょっとした“事件”が起きている。来月12日に発売予定である、作家の百田尚樹氏の新作『日本国紀』(幻冬舎)が、発売1カ月前から予約殺到で、現在世の中に出ている全書籍を抑えて、ベストセラー1位となったのだ。この本の編集は不肖私が担当した。

 内容は、古代から平成まで2000余年にわたる日本の歴史を、ベストセラー作家の百田氏が書き下ろした、日本通史である。

 今月15日の発売約1カ月前、普通より少々早めにネット書店での予約を開始した。すると、その日のうちに、ネット書店アマゾンのベストセラーランキング総合1位に躍り出た。ほぼ同時に、楽天ブックスでも1位となった。

 くどいようだが、この総合1位というのは未発売商品の予約数の1位ではなく、全既刊本を合わせ売り上げトップという意味である。

 これには出版元の幻冬舎はもちろん、著者の百田氏も、私を含む関係者一同が驚いた。これより前に、初版部数は10万部と決まっていた。出版不況の今どき、この部数でさえも業界内では驚きだが、そこは幾度もベストセラーを出してきた実績のある百田氏ゆえの、いわば「百田部数」だ。

 しかし、ここからが異例の展開となる。

 アマゾンのランキングはその後、今日25日に至るまで一度も落ちず、不動の1位を保っている。その間に市中のリアル書店からも幻冬舎への問い合わせや注文が増える。

関連ニュース