記事詳細

全国のキャバ嬢に聞きました! ハズキルーペ“尻踏み”経験ある? 「武井咲のやつですよね?」 (2/2ページ)

 「武井咲のやつですよね?」と笑顔なのは別の20代キャバ嬢。「この辺りでは聞かないです。(頼まれたら)する子はすると思いますけど、お客さんとの信頼関係は必要だと思いますよ。今度、自分の眼鏡でしてみようかな」

 六本木のキャバクラ関係者は「うちではやっていないが、お触りとかはだめだけど眼鏡に座るぐらいならいいのではないか」と話す。

 また、東日本郊外の20代キャバ嬢は「噂には聞いたことあるけど、やったことない。都会だけの話じゃない?」という。

 九州ではどうか。福岡・中洲のキャバクラの40代ママは、「面白おかしくやる人はいるかもしれないけれども、あえて挑戦しようとする人はいない。私が自分の眼鏡で間違ってやってしまいそう」と話す。

 業界事情に詳しいライターの永瀬白虎氏は、「キャバクラでは『脱ぐ』『触らせる』は厳しく禁じられているが、ルーペを踏ませるぐらいのことならばキャバ嬢個人の裁量で接客サービスの1つなのだろう。カラオケが置いてある店舗なら老眼鏡などを用意していることもある」と指摘。「あのCMはドラマ『黒革の手帖』をモチーフとしているようなので、銀座辺りでお金に余裕がある高い年齢層の客がやろうとする可能性もある」と話す。

 銀座の高級クラブを調査するしかなさそうだ。

関連ニュース