記事詳細

「関西生コン事件」めぐりバトル再燃! 爆弾ツイート、維新・足立康史氏「大物政治家に頼んで警察に働きかけている」 立民・辻元清美氏「事実じゃない!」 (1/2ページ)

 「国会の爆弾男」こと、日本維新の会の足立康史衆院議員(53、比例近畿)が、また“巨大爆弾”を投下した。生コン業界の労働者でつくる「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」(関生支部)の摘発が相次いでいる件をめぐり、立憲民主党の辻元清美国対委員長(58、大阪10区)の関与を示唆するような発信をしたのだ。辻元氏は完全否定しているが、因縁バトルが激化しそうだ。

 《23人です。辻元清美氏が警察に影響力のある大物政治家に頼み込んで、警察等に働きかけていると、与党代議士からうかがいました。辻元さんも必死です》

 足立氏は28日、こうツイートした。

 関生支部絡みの事件をめぐり、ある投稿者が《一団体から16人も逮捕者が出ていて、なぜ報道されないのか。仁侠の組だって報道される。関西生コンはタブー(皆さん知っているが公言できない)なのか》などとツイートしたことに応じたものだ。

 確かに、滋賀県警と大阪府警が7月以降、恐喝未遂や威力業務妨害などの容疑で逮捕した関生支部の幹部や組合員は計23人に上る。

 それにしても、国会議員が実名で、他党幹部について「警察等に働きかけている」と書き込んだ衝撃は大きい。一体、「大物政治家」「与党代議士」とは誰なのか。

関連ニュース