記事詳細

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】安田純平氏への疑問と保守系サイトへの攻撃 (1/2ページ)

 内戦下のシリアで、国際テロ組織アルカーイダ系の過激派「ヌスラ戦線」などに拘束され、3年4カ月ぶりに解放されたフリージャーナリストの安田純平氏が先月、やっと日本に帰国した。

 日本政府の渡航自粛要請を無視して危険な地域に入った安田氏は、事情通の予測通りに拘束された。これまで何度も拘束経験があるとされる。

 3年以上も「虐待としか言いようがない」過酷な状況下にあったが、成田空港に到着した後、自らの足でタラップを降りる姿を見て安心した。だが、疑問も生じた。

 現在、ネット上では、自らも中東で拘束された経験を持つジャーナリストの常岡浩介氏による、次の発言が動画とともに話題となっている。

 「他のヌスラ戦線に拘束されていた人たちに直接話を聞きにいったことがある。ある人物は、ヌスラの幹部から『お前の母国から身代金を獲るから山分けしようぜ』と言われた。それに、『分かりました』と同意すると、待遇が良くなって、幹部と一緒に食事もできるようになった」

 ツイッターなどでは、「謎は全て解けた」「警察に捜査してほしい」などの反応が見られる。

 これに対し、「被害者である、英雄的ジャーナリストをバッシングするな」という意見も見られるが、論点のすり替えではないか。

関連ニュース